現実でコマンドZ

f:id:m-kite:20200701113752j:plain

 

前回は「ショートカット」の記事を書いた。

 

よく使うショートカットは「コマンド+Z」、直前のコマンドを取り消すショートカットだが、使用率はダントツに多いだろう。ひたすら「コマンド+Z」をつづけると、どんどん最初に戻っていく。

 

ちなみに「コマンド+Zしたけど、やっぱりそれをやめたい」なら「コマンド+シフト+Z」だ。ひとつ前に進む。デジタルではやり直しが簡単に効くからいい。アナログではこうはいかない。もちろんそれは一期一会のアナログの良さでもある。

 

一日中パソコン仕事をして「コマンド+Z」とやっていると、つい「現実でもコマンドZ」をやってしまいそうなときがある。「紙にペンで書いていてまちがえる」「食材を下ごしらえして、使う部分とゴミをまちがえ使う部分を生ゴミに捨てる」「まちがって床に落としてしまう」

 

 「現実でもコマンドZ」は、瞬時でぱぱっとおこる出来事の場合に多い。「あっ」と思い、思わず「コマンド+Z」が頭のなか出てくる。瞬時だから反射的にそうなるのであって、それなりに時間が経過したことに関してはこうはならない。

 

たとえば「たらふく食べてしまったことを後悔したので、食べる前に戻りたい」「このギャンブルに賭けなきゃよかった、やるまえに戻りたい」「あの日あの時、こっちの道を選んでいれば」という場合には「コマンド+Z」にはならない。純粋な後悔でおわるだろう。

 

今は会社勤めをやめているから、その症状はなくなった。会社での仕事と自宅での仕事はスピード感がまったくちがうからだ。あらゆる職業で、自然と身についた職業病はあるだろう。

 

近年、ゲームや映像の技術がどんどん進化している。バーチャル・リアリティ、略してVRを体験したことがある。ゴーグルを装着すると360度、まるで現実のようなリアルな映像が見える。海のなかにある檻のなかに入り、周りにいるサメの生態を観察するという設定だった。本当にその場にいるような臨場感が新鮮でおもしろい。しかしサメが体当たりしてきて檻がだんだんと壊れていく。それにつれて心臓の鼓動がはやくなっていった。もちろんこれは現実ではない、というのは頭の中でわかっている。わかっているのに、目の前の恐怖に耐えられそうにない。もう一撃くらいで檻は壊れそうだ。心拍数がはやい。もうだめだ。サメに食い殺される!というとき「必殺・目をつぶって恐怖をやりすごす」をやってしまった。

 

あまりにリアルすぎて、現実逃避したくて、仮想現実の世界に入り込んでしまう人もいる。あまりに入り込んでしまうと、リアルすぎて、どっちが現実なのか、現実じゃないのか混同してしまうのではないか。

 

ゲームと現実の区別がつかなくなって、現実で殺人を犯してしまう、ゲームをリセットし、また新たにはじめるために屋上から飛び降り自殺する、という話は漫画で見た。ゲームオーバー、トゥービーコンティニュー(続く)……それはゲームだからできることだ。気をつけないと。

 

 

人生やりなおしブルース

人生やりなおしブルース

  

ショートカット

f:id:m-kite:20200804094158j:plain
 

会社ではパソコン仕事をやっていた。アドビ イラストレーター、フォトショップのソフトなどを使う。作業効率化にショートカットは必須だ。

 

ショートカットとは、わざわざ上のメニュー一覧から「えーと……」と、項目を選ぶのではなく、キーボードのキーを2個程度押すこと。一瞬押すだけで作業がおわる。たいていは2つだが、3つ、4つの場合もある。それを多く知っているほど作業ははやくなる。パソコンを使う人は慣れ親しんだショートカットがあるだろう。

 

よく使うフォルダなどは、デスクトップにエイリアスを作っておくと便利だ。フォルダのなかにフォルダ、またさらに……というように、階層が多い場合は、一発で開けるようにこのようにしておく。これも作業効率化だ。

 

長年デザイン会社で仕事をしてきたけど、今まで何社も転職している。はじめての会社では今から17年ほど前なので、macのパソコンの形が古かった。今でこそ、パソコンのモニターはかなりの薄型で洗練されているが、この時代のモニターはブラウン管テレビみたいにかなり分厚く重かった。

 

その会社に新入社員として入社して、先輩にいろいろと教わった。この業界は人の入れ替わりが多い。辞めていく人もいるし、新しく入ってくる人もいる。その先輩も転職のために辞めてしまった。月日が経つにつれ、私はだんだんと仕事をおぼえ、まかされていくようになった。

 

そんなある日、ふたりの女の子のアルバイトが入った。アルバイトだから時給制で千円ほどだった。仕事柄、深夜までの長時間労働となる。その会社では正社員でも残業手当がつかなかった。「ひょっとするとアルバイトのほうが時給がよいのは」と思うような労働時間だった。私は未経験での入社で、額面20万円の給料からはじめた。税金やらなにやら引かれると、まあ少ない。都内でどうにか一人暮らしできるくらいの給料。西向きの日当たりが悪い、狭いワンルームの家賃に6万円払っていた。

 

私が先輩に仕事を教わったのと同じように、今度は私がアルバイトの子に仕事を教える番だ。となりどおしの席で、教えながら仕事をすすめた。この時代のmacはよくフリーズした。フリーズとは文字通り、パソコンが不具合をおこし、画面がかたまってしまって何も操作ができないお手上げ状態のことをいう。強制終了、または再起動、電源を落とすなどしないといけない。「あっ、データは保存してたっけ」なんてあせったりして。懐かしい。もうしばらくフリーズは経験していない。

 

そんなときアルバイトの子のパソコンがフリーズした。こんなときにキーボードを押すだけで操作ができるショートカットが大変便利なのだ。「この4つのキーを同時に押すとよいよ」と、ショートカットキーを教えてあげた。3つ、4つのショートカットは頭の記憶ではなく、キーホードの配列で覚えていたりする。端っこのココとコノ場所、というように。「どのキーか言葉で言え」と言われても答えられないかもしれない。体で覚えているというか。

 

またある日のこと、またもやアルバイトの子のパソコンがフリーズした。その子はひとりでショートカットでチャレンジしているけど、うまくできないようだ。「また教えてください」と言われたので、見てみると、押さえるキーホードの配列がちがう。4つ押さえているけど押さえるところがちがう。「4つを押さえるのはあってるけど、コレじゃなくてコレだよ」と教えてあげた。複雑な入り乱れた指先が面白くて、お互いに顔を見合わせて笑った。

 

その女の子はほどなくして辞めてしまった。もう一人の女の子とは年に一回連絡をとるくらいの、うすい付き合いがある。数年前にその会社へたずねてみたが、仕事ぶりは超プロフェッショナルになっていて、その会社にいなくてはならない重要なポジションになっていた。何事も継続は力なりだ。

 

 

ブログを書く

f:id:m-kite:20200802102636j:plain

 

ブログを継続させるのはむずかしい。「まずは100記事を目標にしたほうがよい」とよく聞く。一年で9割の人がブログをやめるらしい。

今年の3月2日からはじめたこのブログは約4ヶ月経ち、これで84記事目となった。はじめから100記事までは書こうと決めていた。

 

なぜブログを書くのか。昔から読書が好きで毎日読書している。文章力のある人にあこがれた。私もうまく書けるようになりたい。はてなブログの前に、Tumblr ブログをやったことがあった。文章と写真のブログ、いまより文章量はとても少ない。87記事書いて、ファン数は6人。アクセス数もぜんぜんなかった。せっかく書いても反応がないとモチベーションがさがってしまう。自然そのままやめてしまった。

 

「初心者ははてなブログがよい」と聞き、「またブログやってみっか」という気持ちになった。なんとなくやると前回のブログと同じになってしまうと思い、自分に決め事をつくった。「イラスト付きの1000文字以上の文章」、さらにそれを「100記事まで継続する」「2日に1回更新」だ。

 

いままで1000文字以上の文章なんて書いたことなかった。書いても書いてもなかなか1000文字に到達しない。しかしそれをムリヤリつづけ1000文字にする。午前中、朝一番の冴えた頭でブログを書くようにしている。

 

これは雑記ブログだが、毎回ネタに困っている。「雑記なんだからなんでもネタあるでしょう」と思われるだろうが、「これだ」というネタじゃないと1000文字以上書けない。仕事や雑用などで忙しくなるとブログを書く時間がない。ふだんからネタをストックしてブログの貯金をしておかなくてはならない。ブログは当日書くのではなく、かならず前もって書いておく。なんども見直して、当日アップするときも見直す。けっこう直すところがある。誤字脱字はもちろん、精度を高めるにはこの作業が大切だ(初心者なりに)。

 

イラストもずっと描いていなかった。子供のころは好きでよく落書きしていた。学生のころまで下手な漫画っぽい絵を描いていたが、それきりだった。やはり「絵を描ける人」にあこがれた。ブログを書いてイラストも描いて「あわよくば両方うまくなれればいいな」という思いではじめた。

 

はじめのころは、紙に鉛筆で描き、スキャンしてフォトショップで色ぬりをしていた。これがけっこう楽しい。しかしだんだんと横着して紙に鉛筆はやめ、直接フォトショップで描くようになった。

 

なにごとも継続することが力となる。仕事だって、イヤイヤでもとにかく継続していくことでプロフェッショナルになっていく。私にとってブログは趣味だから、書きたいときに書けばよいのだけれど、そうすると自然消滅してしまいそうでこわい。ある程度、自分に決め事をつくったほうが継続できるのかな。100記事までは文句をいわず継続する。100記事かけたらようやくスタート地点となるのか。

 

 

「続ける」習慣

「続ける」習慣

 

再利用図書をもらう

f:id:m-kite:20200310195936j:plain

 

図書館を愛用している。家からわりと近く、歩いて行ける距離なので気楽だ。予約の図書が届いたので、今日も行ってきたばかり。

 

タイミングよく、再利用図書があったので気になるのをもらってきた。再利用図書とは、廃棄予定の本をタダでもらえるのだ。先日は、料理のレシピ本をもらおうと4冊ほどキープしていたのだが、あらためてざっと読んでみたら必要ないと判断し、棚に戻した。本は数が多くなると持ち運びが重たくて大変。それなりに興味があるものでないと、家に持って帰っても見ないので、よく考えて持ち帰ろう。

 

今日もらってきた再利用図書は4冊。

 

カオマゲドン」1200円(+税)

ユニークな顔の表紙が目をひく。動物の顔、水中生物・深海魚の顔、虫の顔、大地の顔(木や岩・雲・月)、建物の顔。それぞれのユニークで面白い顔や、インパクトのある顔。生物ではないが、意志を持った顔のように見える写真が掲載されている。

私は写真を撮るのが趣味なので、とても楽しめる写真集だ。外出てスナップ写真を撮るとき、顔のように見える木やシャッターを見つけると撮ってしまう。ふとした時間に手に取ると、気持ちがなごみそうな本だ。

カオマゲドン faces of wonder

カオマゲドン faces of wonder

  • 発売日: 2011/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

「思わず人に話したくなる モノの仕組み ふしぎ雑学」770円

ちょっとした雑学本。この手の文庫本は、ブックオフで100円コーナーでたくさん売られている。パッと見、面白そうでつい手にとってしまう。ちょっと中身をのぞくと、

「宇宙で作られた日本酒がある! ?」「6500万年に1秒しかズレない時計がある! ?」「ICカードは0.1秒で情報を処理していた! 」「コピー機は静電気で動いている! ?」「シロアリ塚をマネたショッピングセンターがある! 」「世界一薄い和紙は0.02ミリ! 」「カメレオンのように色が変化する塗料! 」などなど。しかし定価で買うのは抵抗がある。どれも短い雑学で気楽に読めるから、隙間時間や旅行のときのお供によさそう。

思わず人に話したくなる モノの仕組みふしぎ雑学

思わず人に話したくなる モノの仕組みふしぎ雑学

  • 発売日: 2015/08/17
  • メディア: 文庫
 

 

 

「おじさん追跡日記」1000円(+税)

ベストセラー「おじさん図鑑」のつづき。「おじさん図鑑」は読んだ時があり「こんなおじさん、いるいる!」と思わず笑ってしまう楽しい本だった。なので「おじさん追跡日記」を見かけた瞬間にゲットした。著者が、政治家から元祖フリーターなどさまざまなおじさんにインタビュー。飲んだり、お店をたずねたりしておじさんを探ったリアルな記録がのっている。どれも興味深いおじさんばかりで、じっくりと読みたくなる本だ。

おじさん追跡日記

おじさん追跡日記

  • 発売日: 2013/11/25
  • メディア: 単行本
 

 

 

「先生のための著作権入門の入門」1500円(+税)

仕事柄、著作権の知識は必要なので手に取った。2006年と古い本だが、基本的なことは変わらないし役立つだろう。タイトルの通り、学校の先生向けだ。

 

近年「デジタル万引き」が問題になっているように、著作権の問題は他人事ではない。「デジタル万引き」は書店で本は買わず、必要な部分だけ写真撮影することだ。書店は万引きに加え、この「デジタル万引き」でかなり売上が落ちている。これは「窃盗罪」にはあたらず「著作権侵害」なので損害賠償を請求される。さらに悪質な行為は刑罰も受けることがある。

 

さて本の一部内容。「市販の問題集のなかから問題を選んでコピーするか印字して、授業中に生徒に配ってもよいでしょうか?」→著作権者の了解をとらずにコピーすることはできない

「学校のホームページに、本の中の文章や、アニメのキャラクターをのせてもよいでしょうか」→アニメのキャラクターや写真は、著作権者の了解をとらなければならない。他人の著作物の一部を掲載したいのなら、引用した出所を明記すること。

著作権の問題、ディズニーはとくに厳しいですね。小学校の卒業記念に、プールに描いたミッキーの絵が「著作権侵害」となり消されたニュースは覚えている。

 

先生のための著作権入門の入門

先生のための著作権入門の入門

  • 作者:尾崎 茂
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: 単行本
 

 

以上、4冊の再利用図書をもらってきた。新品で買ったら結構な金額なのでうれしい。本が少なくなると随時、別な本が追加されるので見逃せない。明日も行ってこようか。

怖い話を聞くと

f:id:m-kite:20200728095555j:plain

 

夏といえば、怪談、怖い話。ゾワリと鳥肌がたち、すうっと汗がひいてくる、暑〜いときの清涼感。実は心霊、幽霊系はかなり苦手である。だってこわいもん。

 

お化け屋敷だって入れない。入口を見ただけで足がすくんでしまう。絶対ムリ。どれくらい無理かというと、小学生のとき幼稚園のお化け屋敷に行ったときのこと。私は怖いから入りたくなかったけど、友達にむりやり連れて行かれた。お化け屋敷にみたてた暗い教室のなかは、迷路のように仕切られている。ああもう、入りたくないよ。友達にせかされて意を決して進む。単純な道筋をそろりそろりすすむと、「わあっ!」とお化けに化けた人が出てきてきて「わあっ!」と驚いた。ああもう、心臓にわるい。心臓とまったらどうするんだ。さいごのほうで上から「ひやっとする」ものがぺたりと肌に落ちてきた。「わあっ!」と驚いたら、小さく切ったこんにゃくだった。上を見たら「こんにゃく落とす人」と目があった。たかが幼稚園のお化け屋敷ですら、このありさまだ。

 

遊園地では夏にお化け屋敷があるけれど、一度も入ったことない。入口の生首を見ただけでムリムリ。だって年々、怖さも本格的になっているんでしょう。ジェットコースターの絶叫系ならぜんぜん怖くないけど(むしろ乗りたい)、お化け屋敷はだめだ。

 

小学生のころ流行っていたテレビ番組「あなたの知らない世界」。一般人が体験した恐怖・心霊体験を再現したドラマ。友達もみんな見ていた。再現ドラマがおわると、年配の放送作家であり心霊に詳しい「新倉イワオ」がたんたんと解説をする。

「なにか気配がしてくる」「なにか出て来そうな」怖い場面にさしかかると、だんだんと薄眼にする、テレビ画面から視界を外す。それでも怖いときは「必殺・目をつぶって」やりすごすのだ。耳もふさげば効果的だ。こうすればなにも怖くない。

 

怖がりのわりに、興味本位で怖い話を本で読んだりする。本なら昼間はぜんぜん怖くない。テレビや映像などの具体的な視覚イメージがないから、恐怖がさほど広がらない。怖がらせる効果音もない。しかしだんだんと暗くなり夜になると、なんとなく思い出してしまう。風呂に入って髪を洗うとき怖い。目をつぶっているときに怖い話を思い出し、まわりになにかいるのではないか、触られるのではないか。怖いシーンを思い出さないようにすればするほど思い出してしまう。こういうときにかぎって、イメージがどんどんふくらんでしまう。怖くなったときはシャンプーの途中だが、すこしだけ薄眼をあける。大丈夫、なにもいない。そうしてできるだけ早く髪を洗ってしまう。

 

その次は夜寝る時だ。布団に入って「さあ寝よう」と目をつぶると、またもや昼間見た怖いことを思い出してしまう。風呂に入っているときと同じだ。想像したくないのに色々と想像してしまう。夏は暑いのでタオルケットから手足を出している。そこに「幽霊に触られるのではないか」という恐怖がある。そんなときは「必殺・タオルケットで手足をかくす」だ。こうすると体が外に出てる部分はないから、幽霊に触られる心配がない。顔はでているけど。タオルケットが結界となって守ってくれる。みんなもそうしてなかった?これで安心して眠れる。

しかし次なる心配ごとは「夜中にトイレにいったときに怖い話を思い出してしまう」なのだった。

 

ちなみに謎の巨大生物やオーパーツなどの話は神秘的で好きだ。

 

 

 

 

人類発祥の謎を解き明かす! 「オーパーツ」の全てがわかる本

人類発祥の謎を解き明かす! 「オーパーツ」の全てがわかる本

  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

空腹

f:id:m-kite:20200726083643j:plain

 

空腹は最高の調味料という。空腹ならどんなものでもおいしく感じる。

 

たとえば断食後のおかゆ。いや、白湯だって滋味深く感じるだろう。遠足で食べたアルミホイルに包まれた手作りのおにぎり。みんなでキャンプに行って体を動かして、飯ごうで炊いたご飯とカレー。山登りをして頂上で食べるカップラーメン、コーヒーミルと豆を持参して作る挽きたてコーヒー。会社の仕事中にこっそり隠れてたべる小さな飴玉やチョコ。

 

はて、そういえばここ最近、空腹を感じたことがあっただろうか。

 

今は自宅で仕事をしているが、朝昼晩ご飯を食べ、午前午後の休憩に間食している。一年間、糖質制限をしていたがそれもやめ、白ご飯もふつうに食べている。昼は炊きたてのほかほかご飯を食べている。がまんするのはよくないと、はじめのころは一合たっぷり食べていたが、今はその欲も自然に落ち着き、適量になった。

 

もともと普通体重だったせいか、糖質制限しているときもやめたときも、長い目でみると体重は変わっていない。「今までの糖質制限は一体なんだったんだ」と拍子抜けしてしまった。

 

子供のころから1日3食ちゃんと食べていた。その規則正しい食生活は、一人暮らしになってからも変わらなかった。自炊して、朝は炊いたご飯を食べた。お昼には弁当を作って持参する。朝は食べない人も多いが、私には無理だ。お腹空いて仕事もできないでしょうと思ってしまう。それに朝ごはんを食べないと、朝のお通じもなくなってしまうから、どんなに朝早くてもご飯は食べた。

 

現在の朝ごはんは、目玉焼きトーストとコーヒー。食パンは六枚切りのライ麦パン。この定番メニューはもう何年も変わっていない。午前中の休憩になにかしら食べる。11時半をまわると「そろそろお昼の時間」となる。間食もしているからお昼になってもお腹はすいていない。けれども時間だから、いつもの習慣で食べる。これがまた、お腹が空いていなくでも普通に食べれてしまうのだ。

そもそも午前中の間食だって、お腹が空いて食べているわけではない。休憩で、なんとなくだ。時間に余裕があったり暇だったりすると、ついなにかをつまんでしまう。

 

体重はさほど変わっていないが、以前はなかった体の贅肉が気になる。最近「お腹がすいていないのに食べるのはいかがなものか」と思っていた。

 

最近仕事が忙しかったので、これはいいタイミングと思い、お腹が空くまで食べるのはやめ、何時にお腹がすくか実験してみた。7時の朝ごはんは食べる。ブラックコーヒー片手にずっと仕事を続ける。なにか食べたくなるときは疲れて集中力がきれたときだ。お腹に注意を向けると、お腹が空いているわけではない。

 

季節柄、のどが乾くので、水は何回にも分けてたっぷりと飲む。コーヒーを飲む。ミントのキシリトールガムを一粒食べる。それだけで「なにか食べたい欲」がなくなる。それでも何か欲しいときは、バナナ牛乳や野菜ジュース、豆乳を飲んだり、グレープフルーツやヨーグルト、アーモンドなど軽いものを食べると満足する。

 

そうやっていると15時前くらいに、お腹になにか感じるものがある。ここでやっと納豆を食べる。夕食は少なめの量にする。それであくる朝はお腹空いているのかというとそんなことはない。まだ数日しか試していないが、それぶん体は軽くなっている。あまりエネルギー不足だと立ちくらみがするので、体の調子をみながら。

 

「時間だから、習慣だから食べる」ではなく「お腹が空いたら適量食べる」をしばらく続けてみようと思う。今までしっかり3食プラス間食していたのはなんだったんだ。そりゃ贅肉つくわな。

 

 

 

「空腹」こそ最強のクスリ

「空腹」こそ最強のクスリ

 

梅雨とカタツムリ

f:id:m-kite:20200724170410j:plain

 

しとしと雨が降っている。今日の天気予報は一日中、雨。昨夜寝ているとき、外でざあざあ降っている音がした。目覚ましなしで7時に起きた時にはすでに雨が降っていた。空を見ると一面、明るいライトグレーだった。雲のかたちは見えない。すべてがぼんやりとした雨雲でおおわれている。そして今、自分でつくった水出しアイスコーヒーを、透明でちいさなグラスにそそぎ、ちびちびと飲みながら書いている。

 

さてブログに何を書こうか。一日置きに更新だから、時間があるときは記事を余裕もって書くけど、もう貯金がなくなってしまった。雨降りの朝、起きてからすぐ「あ、あのときの」と鮮明に思い浮かんだ情景があった。それは小学生のときの話。

 

梅雨といえば、カタツムリの出番。あれ、そういえば最近見ていない。子供のころはよく見かけていたんだけどなあ。なぜ見かけなくなったのか。カタツムリがいそうな場所をよく見てないからだろう。あのころは好奇心旺盛だし、時間に余裕もあった。いや、物理的な時間の余裕というより、精神的な余裕というのが大きかったのかな。気持ちにゆとりがあれば、よくまわりも見渡すし、気づきもある。

 

アジサイにくっついているカタツムリは、定番中の定番。まさに「これが見たかった」という風情がある。子供のころカタツムリを見かけるとうれしかった。体調1、2センチほどで小さくてかわいい。渦を巻いてる貝殻をせおっている。目玉がついている二本のツノをさわると、ツノをひっこめる。ぬらーっとノロノロ動いて、通った道筋にはぬらぬらと光る粘液の跡がついている。体は水分量がおおく、保湿されて潤っている。

 

そのかわり暑さに弱い。子供のころ晴れている時に、植物や壁にくっついているカタツムリを見かけたものだ。貝殻に閉じこもって動かない。冬眠はもちろん、夏の時期には夏眠もする。

 

小学生のときの下校時間。今みたいな梅雨の時期だった。そのときは雨上がりで路面がぬれていた。学校から家までは近くて、歩いていける。通い慣れたアスファルトの道路を歩いていた。ふと先のほうを見ると、なにかがおかしい。道路の色がちがうのだ。通りの右に理髪店があるあたりだ。だんだんと近づくと細かいなにかがちらばっているのがわかった。

 

それはおびただしい数のカタツムリだった。いや、カタツムリではない。カタツムリによく似ている、貝殻が斜めってるオカモノアラガイだった(調べて名前を知った)。このオカモノアラガイはカタツムリに比べて人気がなかった。カタツムリのほうがかわいい。

 

オカモノアラガイの大移動。黒っぽいのアスファルトの道路に、クリーム色のオカモノアラガイが隙間なくびっしりと一定方向に動いている。車が通る道路だから道幅もそれなりに広い。道路いっぱいに陣取っているから踏み潰されているのもたくさんある。それでも生きているほうが断然おおい。ゆっくりと、しかし確実にどこかへ進んでいく大群。「うわあ」とその光景にびっくりした。引っ越し先はどこだったのだろう。

 

 

カタツムリ・ナメクジの愛し方 日本の陸貝図鑑

カタツムリ・ナメクジの愛し方 日本の陸貝図鑑

  • 作者:司, 脇
  • 発売日: 2020/07/16
  • メディア: 単行本
 
かたつむりのひみつ (しぜんにタッチ!)

かたつむりのひみつ (しぜんにタッチ!)

  • 作者:武田 晋一
  • 発売日: 2013/02/19
  • メディア: 単行本